遅れてきた大型はしご車が教えてくれたこと

はしご車をねじ込む

あなたのマンションでは消防訓練を実施していますか?

毎年やっているよというマンションも、そんなのしたことがないというマンションもあると思う。かく言うわたしも、マンション担当者として管理会社で勤める間に、消防訓練の実施はそう多くなかった。

しかし驚くべきことに、消防署は年に2回も訓練を実施するよう指導している。消防署いわく、「もう飽きたわ!」というほど訓練してようやく実際の火災時に役に立つのだそうだ。 以前、わたしが担当していた大型のマンションで、「今期は消防訓練をしようか」という話になった・・・

ビル新聞連載コラム 第7話

㈱ビル新聞社のHPはこちら

あとがき

大型消防車両がマンション敷地内に進入するために1時間も時間がかかる。その上、道路が大渋滞する・・・。消防訓練を実施する前には思いもよらないハプニングでした。

しかし、実際の火災の際には大型のはしご車を出動させる可能性が高い大型マンションだったため、消防署はあきらめずに侵入経路を探したのでしょう。

大型のはしご車がマンション前で右往左往する様子を、マンションの方もご近所の方も、固唾をのんで見守っていましたが、ようやく敷地内に入ってきたときは、一同安堵の歓声がもれました。

それにしてもそのはしご車は大きくて、圧倒されました。

このマンションは、当時わたしが担当していた中では戸数がダントツに多く、大規模修繕工事や大型の災害復旧を経験させていただきました。

また、理事長をはじめ理事の皆さんは、積極的に管理組合活動に参加くださった印象があります。

この先も、主体的なマンション運営を続けられることを願っています。

ちいさな管理

初回ご相談は無料です

Follow me!