とある築30年以上のどちらかというと、小規模なマンションの担当をしていた時、管理会社のことを非常に信用していない方が理事長になった。

その方は、理事の役職を決める際には、理事長に手を挙げて買って出ていただいた方だった。

いざ、理事会が開催されると、その理事長は管理会社に大変な不満と不信を持たれていたようで、理事会や総会で
「管理会社は管理組合を騙している!」
というようなことを長々と演説するなど、この機会に、普段のうっぷんを晴らしているだなという印象だった・・・。

続きをnoteで読む

Follow me!